基礎知識について記事一覧

何件もの消費者金融やクレジットカードなどから借金をしてしまい、返済ができなくなったら債務整理によって解決する必要があります。このとき、個人再生を利用することが多いですが、個人再生をすると、どのような効果があるのでしょうか?大きく借金を減らせるとも言われていますが、具体的にどのくらい減らすことができるのかが知りたい方が多いでしょう。そこで今回は、個人再生をすると、どのくらい借金が減るのかについて、解...

ひと言で「借金」とは言っても、その具体的な状況は人によってさまざまです。サラ金の多重債務になっている人もいますし、クレジットカードでショッピングをしすぎたというケースもあります。中でも深刻なのが、住宅ローンを抱えているケースです。この場合、借金がかさむことによって住宅ローンの返済もできなくなりますが、そうなると、大切な家がなくなってしまいます。このようなとき、役に立つのが個人再生の住宅資金特別条項...

借金返済ができなくなったら、個人再生などの債務整理によって解決する方法がもっとも効果的です。ただ、債務整理をすると自分の財産までなくなってしまうイメージがありますが、個人再生をすると、財産が無くなることがあるのでしょうか?今回は、個人再生をするときに自分の財産があると、なくなってしまうのかどうかを説明します。個人再生では財産がなくならない個人再生をすると、借金の返済額を大きく減額してもらうことがで...

個人再生をすると、借金を大きく減らしてもらうことができるので、返済が楽になります。サラ金などで多くの借金がかさんでいても、個人再生によって生活を建て直すことができるケースも多いです。しかし、個人再生をするときには、厳しい収入要件があると言われています。具体的には、どのくらいの収入が必要なのでしょうか?今回は、個人再生をするときに必要な収入について、解説します。個人再生では、手続き後の返済のために収...

個人再生を利用するときには、申立後、裁判所や弁護士から「積立金」を実施するように指示を受けます。個人再生の積立金とは、どのようなものなのでしょうか?また、積立金をできない場合にどのような問題が起こるのかも重要です。そこで今回は、個人再生の積立金とその目的、失敗した場合にどうなるのかについて、解説します。積立金とはサラ金やクレジットカードなどの借金がかさんでしまった場合には、債務整理によって解決する...

借金を整理するために個人再生を利用することは多いですが、個人再生手続きでは「個人再生委員」が選任されるケースがあります。個人再生委員は、個人再生手続きに関与して裁判官に意見書を出したりするので、手続き上大きな役割を果たす存在です。債務者が個人再生委員と面談する機会もあるので、心構えをしておくことも必要です。そこで今回は、個人再生委員のことと、面談の際の心構えについて、ご説明します。個人再生委員とは...

個人再生を行うと、借金の負担を大幅に減らしてもらうことができます。任意整理の場合には利息の免除しか認められませんが、個人再生の場合には借金の元本についても減額を認めてもらうことができるためです。ただし、一定の種類の債権(あなたから見ると債務になります)については個人再生の手続きを行なっても減額してもらうことができない可能性があることに注意しておきましょう。ここでは個人再生を行なっても減額してもらう...