個人再生とは?

借金返済が苦しくなっている場合には、債務整理によって解決する方法が効果的ですが、債務整理にはいくつかの種類があります。

個人再生,弁護士,債務整理

 

中でも個人再生をすると、借金返済額を大幅に減額することができて、住宅ローンがあっても家を守りながら他の借金だけを減額する方法などもあるのでとても助かります。

 

しかし、個人再生については、裁判所を利用した複雑な手続きであり、具体的にどのような債務整理方法なのかがわからないという人も多いでしょう。

 

そこで今回は、個人再生の概要とメリットデメリット、手続きの流れや費用などの必要な知識を網羅的に解説します。

 

 

 

「個人再生をした方がいい人はこんな人」

個人再生,弁護士,債務整理

借金がかさんで支払いが苦しくなっている人はたくさんいますが、すべての人が個人再生に向いているとは限りません。

 

そこで、以下では個人再生に向いている人はどのような人なのかをご紹介します。

 

 

一定以上の安定収入がある人

個人再生に向いている人は、ある程度の安定した収入がある人です。

 

個人再生をすると、手続き後に債権者への返済が残りますので、その支払いを継続していけるだけの収入が必要になります。特に個人再生では、裁判所によって厳しく収入を審査されるので、一定以上の金額であるだけではなくある程度安定した収入が必要になります。

 

たとえば、安定した収入が入ってくるサラリーマンや公務員などは、非常に個人再生を利用しやすいです。

 

 

個人再生,弁護士,債務整理

住宅ローンを抱えている人は個人再生向き

次に、個人再生を利用すべき人は、住宅ローンを抱えている人です。

 

個人再生をする場合には、住宅ローン特則を利用することができますが、住宅ローン特則を利用すると、住宅ローンの支払いはそのまま続けながら、他の借金だけを減額してもらうことができます。このことによって、大切な家を守りながら借金を整理することが可能になります。

 

 

個人再生,弁護士,債務整理

借金額が大きく任意整理できない人

借金の額が大きすぎて任意整理が難しい人も、個人再生に向いています。

 

任意整理の場合には、利息制限法を超過する利率での取引がない限り、借金の元本を減額してもらうことができないので、あまりに多額の借金があると、分割払いをしても借金を返しきることができないのです。

 

ここで、個人再生であれば、利息制限法を超過する利率での取引があろうとなかろうと、大幅に借金の減額をしてもらうことができるので、多額の借金があっても整理して返済することが可能になります。

 

 

個人再生,弁護士,債務整理

浪費やギャンブルで借金した人

さらに、浪費やギャンブルなどが原因で借金してしまった人も、個人再生に向いています。

 

この場合、自己破産をしようとすると、浪費やギャンブルをしたことが免責不許可事由に該当して、自己破産をしても免責(借金が0になること)決定を受けられなくなってしまうおそれがあるからです。

 

これに対して、個人再生なら借金の原因が問題にならないので、問題なく借金を減額してもらうことができます。

 

 

以上のように、個人再生に向いている人のパターンはさまざまです。

 

 

上記に挙げた以外の人でも個人再生で借金問題を解決できる人はたくさんいますので、自分のケースで個人再生ができるかどうかが気になる場合には、弁護士などの専門家に相談して聞いてみると良いでしょう。

 

 

無料の減額診断シュミレーターをやってみる
個人再生,弁護士,債務整理

「個人再生のメリットとデメリット」

個人再生のメリットとデメリットを見てみましょう。

 

個人再生のメリット

まずは、個人再生のメリットをご紹介します。

 

@借金を大幅に減額してもらえる
個人再生のメリットは、なんと言っても借金返済額を大幅に減額してもらえることです。

 

個人再生の借金の減額率は、以下のとおりです。
借入金額 減額後の金額

借金額 500万円まで 500万〜1500万 1500万〜3000万 3000万〜5000万
減額した場合の金額 100万円 5分の1 300万 10分の1

※たとえば500万円の借金がある場合には100万円にまで減額してもらうことが可能です。
5000万円の借金なら500万円まで減額してもらう事が可能だという事です。

 

このように、大きく借金を減額してもらうことによって、その後の返済が楽になって完済することができるようになります。

 

 

では個人再生をすることによって、他にどのような事が出来るのか見ていきましょう

 

 

 

A住宅ローン特則が使える

個人再生,弁護士,債務整理

個人再生では、住宅ローンがあっても家を守りながら他の借金だけを整理することができる点も大きなメリットです。

 

住宅ローンがある場合、住宅ローンを債務整理の対象にすると、住宅ローン債権者が抵当権を実行するので家がなくなります。

 

個人再生,弁護士,債務整理

しかし、個人再生の住宅資金特別条項(住宅ローン特則)を利用すると、住宅ローンの支払いはそのまま継続したまま、他の借金だけを減額してもらうことができます。さらに、住宅ローンを滞納していて保証会社による代位弁済が起こっていても、代位弁済後6ヶ月以内であれば、代位弁済をなかったことにしてその前の状態にまで巻き戻すことが可能になります。

 

住宅の競売が開始されていても、競売手続きを中止してその間に個人再生手続きをすすめて、家を守ることができます。

 

 

 

B差押を止めることができる

個人再生,弁護士,債務整理

個人再生をする場合、借金を滞納して給料などの差押が起こっていることがあります。

 

この場合にも、個人再生をするメリットがあります。個人再生をすると、差し押さえ手続を中止することができるので、給与差し押さえなどを止めることができます。

 

このようなことは、債権者と直接交渉する任意整理などには認められない効果です。

 

 

 

C債権者からの督促と返済が止まる

個人再生,弁護士,債務整理

個人再生をする場合には、弁護士などの専門家に手続きを依頼することがほとんどですが、弁護士に個人再生を依頼すると、債権者からの督促が止まります。

 

消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者は貸金業法に従っていますが、貸金業法によると、弁護士や司法書士が債務整理に介入した後は、債務者に直接督促してはいけないことになっているからです。

 

借金返済を滞納すると、消費者金融業者などから電話や郵便などでしつこく督促が来ますし、ときには内容証明郵便で一括請求書が送られてくることなどもありますが、弁護士に個人再生を依頼すると、このような督促がすべて止まるので、精神的に楽になります。

 

個人再生,弁護士,債務整理

個人再生をすると、債権者への返済もいったんストップします。手続をすすめるために、借金額を確定しなければならないので、いったん返済と出金を止める必要があるからです。

 

このように、個人再生をすると、借金返済の負担がなくなって、債権者からの督促もなくなるので、その間に崩れてしまった生活を建て直すことが可能になります。

 

 

 

D財産が無くならない

個人再生,弁護士,債務整理

さらに、個人再生では、財産がなくならない点もメリットです。

 

個人再生をする場合、自分が持っている財産評価額以上の金額を債権者に支払わなければならないという制限はありますが、財産自体をとられてしまうことがありません。

 

守りたい資産がある場合には、それを持ったまま個人再生することが可能です。生命保険も解約する必要はありません。この点、自己破産をすると、一定以上の財産はすべて失うことになるのでデメリットが大きいです。

 

 

以上のように、個人再生にはたくさんのメリットがあります。

 

 

 

個人再生のデメリット


次に、個人再生のデメリットを見てみましょう。

 

@ブラックリスト状態になる

個人再生,弁護士,債務整理

個人再生に限りませんが、債務整理手続を利用すると、いわゆるブラックリスト状態になってローンやクレジットカードなどを利用できなくなってしまいます。

 

債務整理をすると、信用情報期間が保管している個人信用情報に事故情報が登録されます。消費者金融やクレジットカード会社、銀行などは、貸付やカード発行の審査をする際に申込者の信用力をチェックするためにその人の個人信用情報をチェックします。

 

このときに事故情報が登録されていると、信用力がないと判断されて審査に通ることができません。

 

そこで、債務整理をして個人信用情報に事故情報が登録されていると、ローンやクレジットカードなどを利用できなくなるのです。
ブラックリスト状態になると、銀行ローンやカードローン、消費者金融のキャッシングなどが利用できませんし、自分名義でクレジットカードを発行することもできません。

 

携帯電話の端末代の分割払いもできなくなるので、端末を変更したい場合には端末代を一括払いするしかなくなってしまいます。
このように、個人再生をするとブラックリスト状態になって、生活が大変不便になるデメリットがあります。

 

 

 

A厳しい収入要件がある

個人再生,弁護士,債務整理

個人再生をしたいと考えても、誰でも手続出来るわけではありません。

 

個人再生をする場合には、手続き後に確実に返済ができないといけないので、一定以上の安定した収入が必要になります。特に個人再生は裁判所を利用した厳格な手続なので、しっかりとした収入があるかどうかについては、裁判所から厳しく審査されます。

 

収入は、一定以上の金額であるだけではなく安定していることまで要求されます。

 

また、個人再生で要求される収入は、自分の収入である必要があります。たとえば、専業主婦などの場合、自分自身には収入が無くても夫の給料から借金返済ができる状態なら、任意整理によって借金問題を解決することは可能です。

個人再生,弁護士,債務整理

しかし、個人再生の場合には、自分の収入がないので手続きすることができません。

 

個人再生では申立後、手続後の債権者への支払いの予行演習として、毎月数万円ずつの積立金をすることを要求されますが、その支払いが滞ると、個人再生の手続を先に進めてもらうことができなくなりますし、積立金の滞納が長引くと返済能力が無いとみなされて手続を終了されて、個人再生手続に失敗してしまうことになります。

 

このように、個人再生では、厳格な収入要件が必要になる点がデメリットです。

 

 

 

B手続後に返済が残る

個人再生,弁護士,債務整理

個人再生をすると、手続き後に借金を返済をしなければなりません。

 

返済期間は原則的に3年間ですが、これが苦しい場合には5年にまで延ばしてもらうことができます。個人再生後の支払いが途中でできなくなったら、債権者から督促が来て、最終的には再生計画案の認可決定が取り消されてしまいます。

 

そうなったら、借金の状態が元に戻ってしまい、個人再生に失敗してしまい、自己破産などの別の債務整理手続をとるしかなくなります。

 

このように、個人再生では、手続き後に返済が残る点もデメリットの1つです。

 

 

 

C手続が複雑で手間や費用がかかる

個人再生,弁護士,債務整理

さらに、個人再生は、とても複雑で専門的な手続きが必要です。

 

必要書類も膨大なので、申立に必要な書類を集めるだけでも一苦労ですし、手続きが複雑な分、期間も長くかかります。

 

個人再生は、手続が難しいので、債務者が自分で手続をすることはほとんど不可能です。弁護士や司法書士に依頼する必要がありますが、そのためには、依頼する専門家を探さないといけませんし、弁護士費用もかかってしまいます。

 

このように、個人再生は、裁判所を利用した非常に複雑な手続きで、手間も費用も多くかかる点がデメリットとなります。

 

 

 

D官報公告される

個人再生,弁護士,債務整理

個人再生をすると、官報に氏名や住所などが掲載されてしまいます。

 

官報とは、法律や条約などの法令に関する情報や破産者などの情報が掲載されている政府の機関紙のことです。国が発行している新聞のようなもので、毎日刊行されています。

 

個人再生をすると、3回ほど官報に情報が掲載されます。

 

載せられる情報は、
・債務者の氏名
・債務者の住所
・個人再生の事件番号
・個人再生の決定内容(手続開始決定など)
などの情報です。

 

個人再生,弁護士,債務整理

官報に情報が掲載されることを官報公告と言いますが、官報公告されると、第三者に個人再生したことを知られるリスクが発生します。

 

ただし、一般の人で官報を読んでいる人はほとんどいないので、官報公告されたからと言って、家族や職場などの周囲に個人再生が知られることはほとんどありません。

 

官報を読んでいる人は、一部の闇金業者や不動産屋などです。

 

 

闇金が勧誘に使う?!

個人再生をする人は借金癖がある可能性があり、闇金にとっては将来の顧客になる可能性が高いので、闇金はその情報をチェックして借金の勧誘に利用しています。

 

不動産屋は売却益を得るため

不動産屋は、官報に掲載されている破産者の情報をチェックして、破産者が所有している不動産の売却に関わって利益を得ようとしています。

 

 

よって、個人再生をして官報に掲載された場合には、手続き後に闇金からDM等による勧誘が届くことがあり、これは1つのデメリットです。
闇金に手を出すと、執拗な嫌がらせになって人生を台無しにされてしまうので、決して利用してはいけません。

 

 

以上のように、個人再生にはさまざまなデメリットがあります。
利用する場合には、これらのリスクを正しく理解した上で、専門家のアドバイスを受けながら手続を進める必要があります。

個人再生の手続きの流れ

個人再生の手続の流れを確認しましょう。

 

個人再生,弁護士,債務整理

@弁護士に相談して申立をしてもらう

個人再生をする場合、まずは弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談に行くことが必要です。
法律相談を受けてアドバイスを受け、個人再生の手続を依頼したら、弁護士などが債権者に対して受任通知を送って債権調査をします。
その間に、依頼者は申立に必要な書類を集めます。書類が整ったら、地方裁判所に対して個人再生の申立をします。個人再生の申立後は、債務者は毎月数万円ずつの積立金をする必要があります。

 

A申立後再生計画案認可までの手続き
個人再生申立後、個人再生委員が選任される場合には、まずは個人再生委員と面談する手続が入ります。
申立に不備がなければ個人再生手続開始決定がおりて、裁判所から債権者らに対して債権調査が行われ、各債権者から債権届けが提出されます。債権届出期間が終了したら、弁護士がその結果を受け取り、その内容にもとづいて再生計画案を作成して裁判所に提出します。
再生計画案が提出されたら、裁判所はその内容に不備がないかどうかを審査して、問題がなければ、各債権者にその内容を送付して意見を聞きます。ここで、過半数の数や債権額の債権者から異議が出なければ、再生計画案が認可されます。債権者からの異議が問題になるのは小規模個人再生の場合だけであり、給与所得者等再生手続の場合には、債権者からの異議にかかわらず再生計画案が認可されます。

 

B再生計画案認可と支払い開始
再生計画案が認可されたら、その後5週間くらいして再生計画案が確定しますので、その翌月から債権者への支払いが開始します。
支払いについては、通常債務者が自分で各債権者の指定した銀行に振り込むことになり、支払いの頻度は3ヶ月に1回くらいになることが多いです。
このように、個人再生の手続はかなり複雑ですので、期間も長くかかります。平均的に、弁護士に依頼してから8ヶ月程度はかかりますし、ケースによっては更に長くかかることもあります。

 

 

個人再生の費用について

個人再生をしたいと思っても、費用が用意出来なければ手続をすることはできません。

 

そこで、個人再生する場合に、どのくらいの費用がかかるのかも知っておく必要がありますので、以下でご説明しますが、
個人再生の費用には、実費と弁護士費用がありますので、2つに分けてご説明します。

 

個人再生をした場合の実費

実費とは、弁護士に依頼せず自分で手続した場合でもかかる費用のことであり、弁護士費用とは、個人再生手続を弁護士に依頼した場合の弁護士報酬のことです。

 

個人再生にかかる実費は、以下のとおりです。

個人再生の手続き 費用
申立費用 1万円
郵便代金 数千円
個人再生委員の報酬(予納金) 15万円〜25万円
官報公告費用 13,000〜14,000円程度

 

まず、申立の際に申立費用として1万円がかかります。このとき、債権者に送付する郵便の費用などとして郵便切手代も数千円かかります。
官報公告されるので、そのための費用が13,000円〜14,000円かかります。この費用は、予納金という形で裁判所に納付します。

 

個人再生委員が選任される場合、個人再生委員の報酬も必要になります。
個人再生委員の報酬の金額は、弁護士に手続を依頼した場合には15万円ですが、債務者が自分で手続きした場合には25万円程度になります。個人再生委員の報酬は、裁判所に対する予納金という形で支払うことになり、毎月数万円ずつの分割払いになります。

 

 

弁護士費用(着手金)

個人再生を弁護士に依頼すると、弁護士費用がかかります。

 

個人再生にかかる弁護士費用は着手金ですが、着手金とは、弁護士に事件を依頼した場合に当初にかかる費用のことです。

個人再生着手金 30万〜50万

 

個人再生の着手金の相場は、30万円〜50万円程度です。住宅資金特別条項をつけたり、給与所得者等再生手続をしたりすると、着手金の金額が上がることが多いです。
着手金は一括払いが原則になりますが、支払いが苦しい場合には分割払いができる事務所もありますので、依頼する弁護士に相談してみると良いでしょう。

 

 

以上より、個人再生にかかる実費と弁護士費用を合わせると、費用総額として40万円(個人再生委員が選任されない場合)〜70万円(個人再生委員が選任される場合)程度の費用がかかることになります。

個人再生を弁護士に頼んだ方がいい理由

個人再生をする場合には、手続を弁護士に依頼すべきなので、以下でその理由を解説します。

 

個人再生,弁護士,債務整理

個人再生は、裁判所を利用した大変複雑で専門的な手続ですので、素人の債務者が自分ですすめることは非常に困難です。

 

自分では、そもそもどのような書類が必要になるのかすら、わからないことが普通です。

 

また、自分で手続きすると非常に手間がかかって負担が大きいです。適切な時期に適切な書類を作成して提出する必要がありますし、裁判所からの指示にも的確に対応しないと手続が進まなくなってしまいます。

 

個人再生,弁護士,債務整理

債務者が自分で手続をしていてうまく対応できないと、手続が途中で廃止されたりして失敗してしまうリスクも高まります。

 

弁護士に依頼すると、このような問題は起こらず、スムーズに手続を進めてくれます。

 

ただ、地方の普通の弁護士に頼むのは非常に損を被る場合があります。

 

個人再生,弁護士,債務整理

なぜかというと、専門家ではないからです。「いや、弁護士は専門家でしょ」というお声が聞こえてきそうですが、それは間違いなのです。

 

東京・大阪・札幌・名古屋・福岡辺りでは、弁護士でも得意な分野を売りにして細部化されていっているのが現状です。

 

離婚に得意な弁護士や、相続に強い弁護士、著作権に強い弁護士、、、など様々です。

 

個人再生,弁護士,債務整理

個人再生に至っては債務整理の1つという事で、債務整理に強い弁護士を選択する必要があります。

 

債務整理に強い弁護士に頼めば、何が違うかというと、対応手続きが早く、依頼者の借金の減額金額も全然違ってきます。

 

それは非常に債務整理を中心に仕事を行う弁護士事務所だからです。あなたが地方の方であっても、この債務整理の専門家である弁護士は全国どこの人であっても、個人再生の相談に乗ってくれて対応してくれます。それも無料で相談できるんです。

 

個人再生,弁護士,債務整理

地方の弁護士事務所だと、相談だけで有料という事務所が少なくありません。

 

そこで、個人再生をする場合には、債務整理に強い弁護士に依頼すべきです。
まずは無料相談を受けて、弁護士にアドバイスをもらうとよいでしょう。

 

 

無料の減額診断シュミレーターをやってみる
http://shakkin-nayami.com

更新履歴